代表 メッセージ

「この印刷不況の時代に、
いかにして生き残っていくか」
これが当社の命題です

 森技報堂は創業15年という若い会社でした。
後発だった故、他社にはない印刷機や加工機、
例えばフォーム印刷でも8色機や9色機を導入し、他社との差別化を図ってきました。
 また、高度な検査装置を導入することで高品質な商品を保持することができ、強固なセキュリティシステムなどにも投資することで、情報処理の世界に進出していきました。しかし足元を見ると、高性能な設備や技術力を必要とする仕事がメインだったため、逆に通常の単色帳票などを製造管理するためのパフォーマンスが最大限に発揮できていない、というジレンマに陥っておりました。
 どうすれば100%の力を発揮でき、より価格競争に打ち勝つことができるのか。そのようなときに出会ったのが、通常伝票印刷に強い太陽印刷でした。太陽技報堂はコストでも勝ち抜いていける強い会社にしたいと思います。

私が経営で一番重要としているのは、
「人は育ち、会社は大きくなる。」

 太陽印刷は、伝票制作に特化しております。過剰な設備にならないよう心がけ、価格競争力のある体制を維持してきました。
 伝票市場は縮小傾向にありますが、同業他社が減少するなか一定の利益を確保してまいりました。
 ただ今後、今の設備や技術だけで印刷業界を生き残れるか不安があります。新しい技術の開発や、新しい分野の仕事をどう増やしていけばよいのか。そのようなとき出会ったのが、技術面などで太陽印刷よりはるか先をいく森技報堂でした。
 森技報堂のノウハウがあれば、今まで太陽印刷が受注できなかった仕事を獲得できるようになり、太陽技報堂は同業他社のどこにも負けない強固な経営基盤を築いていけると自信を持って言えます。

森会長、蓮井会長の想いを
引き継いで、太陽技報堂は
これからも挑戦し続けます。

 デジタル化の影響により印刷業界は需要が減少しておりますが、では完全になくなるかというとそうとは思えません。20年、30年先を生き抜くための明確なビジョンをもち実践していければ、生き残れると考えております。
 そのためには、森代表が築き上げてきた技術力をさらに昇華させ、蓮井新会長が開拓してきた伝票印刷の世界に融合させること、森技報堂と太陽印刷の技術やノウハウを結び合わせることで、一つの方向が開けるのではないかと思っております。
 2つの会社が合わさることで1+1が2になるのではなく、∞(無限)の可能性につなげていけるのだと考えております。
 また、印刷製造だけにこだわらずプラスアルファとして、印刷物を含んだソリューションサービスの世界を拡大していき、ソフトとハード両方の面からアピールしていければ、よりよいビジョンが見えてくると思っております。
 よく印刷業界は衰退している、といわれておりますが、印刷業界という世界観だけに囚われていたら、なにも新しいモノは生まれてきません。
 視野を狭くせず、∞(無限)に広がる未来を追いかけていこう。この言葉を旨に、印刷業界を駆け抜けていく所存です。